心が通う、最高品質の虫歯治療を

私たち、タッカー・スタディクラブは、ゴールド(金)を使う成功率の高い虫歯治療で、歯を長期にわたり温存することによって、患者さんのお口の健康を保つことを目標としています。統計データと技術トレーニングにもとづいた、患者さん本位の歯科治療を、東京・埼玉・長野で提供しています。

ゴールドは最も長持ちする虫歯治療法

歯科医師の多くは、ゴールド(金)が1番長持ちする治療法であることを知っています。タッカークオリティの知識と技術を持つ歯科医師が正しく用いれば、生涯使うことも夢ではありません。事実、私たちの勉強会では、40年以上が経過した詰めものを良く見ることができます。

虫歯治療にゴールド(金)を使う理由

1898年から長持ちする治療を追求

タッカー・スタディクラブは、ゴールド(鋳造)を専門に取り扱う世界で唯一の勉強会であり、メンバーひとりひとりがその技術を習得・継承しています。この会の創設者は、ゴールド治療に関して恐らく世界で1番上手な歯科医師、タッカー先生です。

私たちが虫歯治療にかける情熱

虫歯が再発しにくい

ゴールド(金)を使った精密な虫歯治療は、新しい材料がどんどん開発される現在においても、最も虫歯の再発が少ない治療法であり続けています。また、虫歯が小さいうちであれば、ゴールドをほとんど見せずに治療することができます。

虫歯の再発から歯を守るには

歯科医師の先生方へ

高品質で長持ちする修復治療を行い、歯を温存することによって、患者さんの口腔内の健康を長期的に保つことを目的に、ゴールドを用いた鋳造修復の技術を身につけることが私たちの目標です。
タッカー・スタディクラブでは、40年~50年前に入れたゴールドインレー・アンレーを良く見かけます。この治療結果は単なる偶然ではなく、臨床実習を通して技術と知識を身につけることで、ご自身の手で、この結果を出すことができます。
審美・インプラントが主流の現在ですが、タッカー先生の技術を応用したゴールド修復は、「歯をできるだけ長く残したい」と思う患者さんへ、最良の解決策として提示できると確信しています。
→詳しくは、タッカー・ジャパンの活動をご覧下さい